正しい洗車の仕方とは?

正しい洗車の仕方はコレ

車の洗車ってめんどくさいですよね。
かと言って長い間洗車せず雨に濡れると汚れが余計に目立っていやですよね。

 

雨が降った後に洗車する人は多いと思いますが、車の塗装を少しでも長持ちさせたいなら、汚れる前に洗車してワックスをかけておくのがベストです。

 

ガソリンスタンドの洗車機も最近はブラシも良くなってきて、車にキズがつきにくくなってきているようですが、やっぱり洗車は手洗いが一番です。

 

忙しい時などは洗車機に頼るとしても、少し余裕がある時は手洗いをおすすめします。
手洗い洗車と言っても、正しい洗車の仕方を知っていますか?

 

簡単に手順を知っておくと効果が全然違います。
正しい洗車の仕方=キズのつきにくい洗車の仕方をお教えします。

 

洗車の仕方

水をかける

車に水(強い水流のシャワー)をかけ泥、砂、埃をしっかりと落とす。
ルーフタイヤ周りは特に念入りに!!

 

基本的に上から下へ水をかけてください。
泥、砂、埃など汚れが残った状態でスポンジでこするとキズができます。

 

洗う

しっかりと泥、砂、埃を落としたら、バケツに水・洗剤を入れてスポンジに含ませ洗う。
洗剤液は水に混ぜる場合も、スポンジに直接つける場合もよく泡立ててから洗うようにしてください。

 

洗う時も基本的に上から下に向かって洗います。ルーフから洗うといいです。
良く晴れている日は、洗剤が乾きやすいので、洗った所からこまめに水をかけていきます。

 

こまめに流さずそのままで洗剤が乾いてしまうと洗剤跡がシミになって取りにくくなる場合もあるので、洗った所から流す方がいいです。

 

すすぎ

ボディ全体が洗えたら、水ですすぎ、キレイなスポンジで石鹸カスを落としましょう。
落とせたら、ドアを開け、隙間の汚れもキレイに取りましょう。

 

ふき取り

すすぎが終わったら、拭き取りです。拭き取りはセーム革が一番良いのですが、高価なので、合成セームでもいいです。
拭き取りも基本的に上から下へ拭いていきます。水滴など、拭き残しのないようにしてください。
拭き残しは水垢の原因になります。
ボディ全体が拭き取れたら、ボンネット・トランク・ドアの接合部・給油口も開けキレイに拭き取りましょう。

 

ワックスがけ

充分に乾かしたらワックスがけです。
基本的なことですが、ボディーカラーに合ったものを選びましょう。半練りタイプが良いです。

 

以前は、円を描くように塗るとよいとので言われていましたが、直線的に、水の流れを意識して塗りましょう。
表面が乾いたら、やわらかいクロスで拭き取ります。
乾かしすぎると拭き取りにくくなるので、ある程度の範囲で拭き取り次の範囲を塗るというのを繰り返してください。

 

仕上げ

最後に、タイヤワックス(スプレー式)をすると効果的です。
黒々としたタイヤは車を一段と引き立てるのでおすすめです。

 

 

以上が正しい洗車の仕方です。

 

ぜひ、参考にして愛車を大切にしてくださいね。