オイル交換

オイル交換について

オイルは人間に例えると体中を流れる「血液」のことです。
血液がに異常があると体の調子が悪くなりますよね?

 

車も同じように、オイルが汚れると調子が悪くなります。
なので、定期的な交換が必要になります。

 

(交換時期の目安)

 

走行距離約5000キロぐらいで交換するのがおすすめです。5000キロ走っていなくても、半年経ったら交換したほうがいいですよ。

 

車の説明書を見ると、1万キロ無交換でも大丈夫だと書いています。1万キロ無交換でも本来は大丈夫ですが、毎日のように高速道路や峠道を走り、加速する頻度が多い車、ターボ車は3000キロ〜5000キロで交換することをおすすめします。

 

(費用)

 

工賃は500円程度です。

 

オイルの値段は銘柄によりけりですが、中ぐらいの値段のオイルを定期的に交換するのが効果的です。

 

私の経験では、高い値段のオイル(高性能)ほど汚れるのが早く、交換時期が早まるように思います。

 

 

(豆知識)
オイル交換の時期は聞く人によって必ずといって良いほど変わってくる不思議なものです。

 

カー用品店の方はカー用品を売るために交換時期を早めに伝える事は予想できますよね。
ディーラーの方も同じような理由で早く伝える事もあると思いますが、本当に車の事を思って教えてくれている事もあります。

 

私は約5000キロを目安に交換していましたが、ドリフトなどをして楽しんでいる方なんかはもっと早くオイル交換をします。

 

でこぼこが酷い悪路や、砂利道を走行する方。
また、雪国にお住まいの方なんかもオイルの劣化は早く、交換時期が早くなります。

 

こういった車に負担がかかりやすい環境化をシビアコンディションといいます。
詳しくはwikiを見てください。
シビアコンディション wiki

 

ちなみにこのオイルですが、プロの整備士の話によりますと、定期定期に交換している場合はそのままのペースで交換を続けたほうが長持ちし、全くオイルを交換してない場合は、そのまま交換しない方が長持ちする事が多いそうです。

 

今まで全く交換していないと壊れるリスクは増すそうですが、いきなり綺麗なオイルに入れ替える事もまた危険な行為だそうです。

 

長く乗りたいのであれば、やはり定期的なオイル交換をする事が重要です。