えっ何これ?変なマークが光ってるけど何!?

警告灯

なんかエンジンみたいなマークがメーターパネルを見ると光ってるんだけど!?なんて事がおそらくいずれ起こりますw

 

ちなみに僕は数回経験しています。中古車ばかり乗っているからかもしれませんが・・・

 

どんなマークかわからない方もいると思うので、ひとつの例として画像を張っておきました。
こんな形のマークが警告灯のひとつです。

 

さぁこの不吉極まりないネーミングの"警告灯"について、どのような症状が考えられるのかご案内したいと思います。

 

名前通りに危険な警告灯を見落とすな!

走行中にメーターパネルの警告灯が点くとビックリしますよね。警告灯が点いた場合は、安全を確認してすみやかに路肩に停車してください。
焦らず慌てずです。

 

停車後に何の警告灯が点いているのかチェックしましょう。意味がわからない場合は、取扱い説明書で確認すれば大体載っています。

 

警告灯は、エンジン関係・エンジンオイル関係・充電関係・冷却水関係・ブレーキ関係などなど、たくさん種類があります。

 

何か点灯していると思ったらシートベルトだったなんて事は無いようにして下さいね!
今の車は大体シートベルトをつけずに走行した場合、少しの距離でピーピー鳴り出すのでまず付け忘れる事は無いと思いますが、昔の車は鳴らないため危険です。

 

 

車種によって、エアバッグ・トラクションコントロールなどの安全装置や、電子装飾の不具合を表す警告灯もあります。

 

こういった、走行性能に関係する部分や安全装置で不具合が発生している可能性がある場合は、無理に走行を続けず、すみやかに販売店などに相談しましょう。

 

僕の経験として、何かの警告灯がたまに光るんだけど、少し時間がたつと消えてる・・・みたいなのはついつい「まー別にいいかな」となりがちですが、放って置くと大体面倒な事になります。

 

いざブレーキが効かなくなったり、山奥でエンジンがかからず身動きが取れない・・・なんて事になりたくないならチェックしてもらいましょう!