急にエンジンがかからなくなった!どうすればいいの?

出かけようとエンジンをかけようとしたらエンジンがかからない・・・。なんて経験をしたしたことがある人は多いと思います。
実際僕もこれは何度か経験していて、あせった事が何度かあります。

 

大事な待ち合わせ時間などが迫っている場合は顔面蒼白ですよねw
焦っていても解決しませんので、こんな時のためにどのように対応すればよいのか知っておけばテンパる事もなく対応できます。

 

一番初めにココをチェックする

そんな時はまず、メーターパネルの照明が点くか確認してみてください。

 

警告灯などが全く点かない場合は、バッテリーが完全に上がってしまっているか、バッテリーに繋がっているケーブルが外れている可能性が考えられます。

 

バッテリー交換をして間もない場合は、ケーブルが正しく接続されているか確認してみましょう。

 

緩んでいる場合は、しっかりと絞め直してください。

 

バッテリーが上がっている場合は、自分一人では対処できないので、近くに救援を頼める車がいないときは、すみやかにロードサービスや販売店などに連絡しましょう。
この場合は予定があったとしても潔くあきらめてください。

 

近くに救援を頼める車がいる場合は、その車からジャンピングケーブルを使ってバッテリー同士を繋いでもらいましょう。

 

意外とあるこんな単純な事

ガス欠をしているなんてことも、意外とあります。ガス欠をしているときは、ロードサービスを呼ぶか、近くにガソリンスタンドがあればガソリンを買いに行くなどして対処しましょう。

 

これ以外にも、エンジンがかからなくなる原因は色々ありますが、簡単に判断するのは難しいので、バッテリーが上がっている場合やガス欠をしている場合以外が考えられるときは、迷わずロードサービスに連絡しましょう。

 

自動車保険に入っていれば、1年に1回ぐらいは無料でロードサービスが受けれるようになっています。
普段使う事なんてまずありませんので、ここぞとばかりに使って下さい。

 

ちなみに余りに車に乗らない人はバッテリーがあがりやすいです。
僕のある友人は週末にちょっとしか乗らないため、車検にだすと毎回整備士の方に「もっと車に乗って下さい!」と注意されるとかw

 

大事に車をいたわって乗ってあげましょう。